データ復旧なら信頼できる業者【専門がすぐに対応】

MENU

隠された安全装置

システム

思わぬ落とし穴

新しいオフィス等を立ち上げるとパソコン等の機材を搬入する事になりますが、これらの機材が起動しないという事態に良く遭遇します。原因はいくつか存在しますが、一番多いのがパソコンの搬入時に電源ユニットのマスタースイッチがオフになってしまうという事例です。マスタースイッチは本来パソコンの部品交換時に部品に要らぬ負荷を与えないために、電源から部品に電気がいかないようにするための機能で簡単にオンオフが切り替わるので搬入時に意図せず押してしまう可能性があるのです。マスタースイッチがオフになっていると電源コードをつないでいても電源が入る事はありませんので、まずはマスタースイッチがオンになっているかどうかを確認しましょう。

ケーブルの断線

パソコン搬入時には細心の注意を払わなければなりませんが、それでも起動しない状況に遭遇する可能性があります。中でも特徴的なのがケーブル断線で、パソコンのスイッチのケーブルは本体内でマザーボードに接続されています。これが搬入時の振動で抜ける可能性があったり、古いパソコンですとスイッチのケーブルを差し込む端子に埃が詰まって起動しない場合があります。また何らかのトラブルでケーブルのプラスとマイナスが逆になって挿入されていると起動しないので、オフィスへの搬入時にはパソコンの掃除もしておく事を強くお勧めします。さらに内部のファン部分に埃が詰まっていると、起動時にオーバーヒートという英語のメッセージが出て強制的に電源が落ちてしまうので、企業で使用するパソコンの掃除は定期的に行っていきましょう。また、内部データを失わないように復旧させたい方は、専門業者に頼んでみるのがおすすめです。業者によっては24時間受付の対応をしているところがあるので、たとえ深夜に依頼しても翌朝早くに修理に駆けつけてくれます。もし業者の対応が気に入ったら、定期メンテナンスを依頼するのもいいでしょう。

オススメ記事

レディ

専門業者の選び方

pcはちょっとしたことで不具合が出ますから、復旧作業をする際には細心の注意を払ってくれる業者を選びたいものです。どんな症状が出る場合に、pcの復旧業者に来てもらうと良いのか覚えておくとのがおすすめで、不調が出るたびにメモしておきましょう。

女の人

大事なデータが消えた時は

データ復元の必要が発生した場合には、その機器にはそれ以上触れずにすぐに業者に依頼をすることが大切です。そして、業者によっても技術力の差があるのでいくつかの業者を比較して最も信頼できる業者にデータ復元の依頼をしましょう。

IT

利用増加中の外部サーバー

オンラインストレージ利用にあたっては、パスワード管理を厳格にするなど、法人内で対策に工夫をすることで、セキュリティをより万全にできます。法人に人気の理由としては、安く導入できる、かかるコストが見えやすくなる、災害に備えデータ保存のリスク分散ができる、といったことが挙げられるでしょう。

女の人

突然のデータトラブルには

データ復旧は、突然のトラブルでデータが失われてしまったときに、データを取り戻すための作業を行うことです。通常ではこのデータ復旧作業はなかなか難しく、プロでなければスムーズにいきません。専門の業者に作業の依頼をしていくことで、データを取り戻せる可能性が出てきます。